みんなの手 (Everyone): 子供たちがグローバル化をはじめて学ぶ本 (English Edition)

イラスト Andrea Alemanno , 編集 Thom Lemmons , 編集 Lennox Samuels , 翻訳 Peter MacMillan
エディターレビュー
Bilingual edition: Japanese with English

「みんなの手」は、世界中の人々がすべてお互いにつながっているということを子供たちに教えるための本です

「みんなの手」は、子供たちがはじめてグローバル化について学ぶ本です。レナード・リード著『私は鉛筆:私の家系図』を下敷きにして書かれたこの本の冒頭では、読者の子供たちに友人の数を尋ねます。そしてそこから、ストーリーが5つに分かれて展開していきます。それぞれのストーリーの主人公は、例えば鉱山で働くインド人のお父さんや、木材の伐採に従事しているアメリカ人のお母さん、それにチリ人の主婦など、世界のさまざまな国で働く人たち。ページをめくるごとにみんなのストーリーがつながっていって、この本を読む子供のところにまでたどり着きます。

言語、服装、音楽、食事、宗教、体つき、歴史、肌の色など、世界中の人々はみんな違っているということを子供たちに伝えます。もしどこかで出会っても、ほとんどの場合お互いに話が通じないかもしれません。あまり好きにはなれないかもしれません。しかし、それでも私たちは、気付かないうちに、お互いに協力し合って、いろいろなものを生み出しているのです。

対象読者:
5〜8歳の子供とその保護者

言語: 日本語および英語

“Everyone” shows your child how he or she is connected to everyone in the world:

"Everyone" is a first lesson in globalization for kids. Inspired by "I, Pencil: My Family Tree as Told to Leonard E. Read" by Leonard Read, "Everyone" begins by asking the child how many people he or she knows. It then develops five independent storylines, each based on a worker from a different part of the world, such as: an Indian father who is a miner, an American lumberjack mom, and a Chilean housewife. The storylines converge with each turn of the page, eventually leading to the child who is reading the book.

The Lesson:

The child reader is shown that everyone around the world is different: our languages, clothes, music, food, religions, bodies, histories, and colors. If we all met, most of us could not talk to each other. We might not even like each other. Yet, somehow, we all cooperate to create things without thinking about it.

Who is it written for?
Children aged 5 to 8 and their parents.

Available Editions:

Japanese with English
Chinese with English
Spanish with English
English only
Amazonレビュー
amazon検索