世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界 (ちくま学芸文庫)

価格: (税込)
筑摩書房
ページ:169頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で39487位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
“近代世界を一つの巨大な生き物のように考え、近代の世界史をそうした有機体の展開過程としてとらえる見方”、それが「世界システム論」にほかならない。この見方によって、現代世界がどのような構造をもって成立したかが浮き彫りとなる。すなわち、大航海時代から始まるヨーロッパの中核性、南北問題、ヘゲモニー国家の変遷など、近代のさまざまな特徴は、世界システム内の相互影響を分析することで、はじめてその実相を露わにするのだ。同時にそれは、歴史を「国」単位で見ることからわれわれを解放する。第一人者が豊富なトピックとともに説く、知的興趣あふれる講義。
Amazonレビュー
amazon検索