色彩論 (ちくま学芸文庫)

編集 木村直司
価格: (税込)
筑摩書房
ページ:410頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で132027位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
文豪ゲーテは多くの貌をもつ。その文業とともに、終生情熱を傾けたのが、植物学・動物学・地質学・解剖学・気象学などに及ぶ広汎な自然研究であった。とりわけ形態学と色彩論はその白眉と言うべく、シュタイナーらの再評価を経て、現代的関心もきわめて高い。分析と還元を旨とする近代科学の方法に対して、綜合と全体化を目指すゲーテの理念の背景には、汎知学─ヘルメス学の伝統が控えている。『色彩論』の精髄たる「教示編」に加え、「科学方法論」を併載し、ゲーテ自然思想へのチチェローネとなす。
Amazonレビュー
amazon検索