男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ

価格: (税込)
フォレスト出版
ページ:132頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で37911位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
■「こんな子が生まれてきたらいいな…」はかなえられる!?

このページに来ていただき、ありがとうございます。

もしかしたらあなたは、

「うちはどうして男の子ばかり生まれるんだろう?」
「女の子がほしいけど、運を天に任せるしかないの?」
「産み分けって聞いたことあるけど、ほんとうにできるの?」

なんて思っているのかもしれません。

とくに、最近では、生涯にもつ子どもの数が減ったため、
よけいに、望みどおりの性の子がほしい、という気持ちが高まっている方も多いようです。

昔から、産み分けは世界各地でおこなわれてきました。
おまじないのようなものもあれば、
それなりに根拠がある方法も見られます。

近年では、生殖医療の知見が深まるにつれて、
科学的にも有効と思われる産み分け法が確立されてきました。

この本では、それらハウツーのいくつかをご紹介したいと思います。




■おなかの赤ちゃんが性別を教えてくれる!?

また、本書では、赤ちゃんが胎児だったときの記憶である
「胎内記憶」の研究の権威で、これまで胎内記憶について
5000人以上にインタビューしてきた池川氏が、
生まれてくる赤ちゃんが事前に性別を教えてくれることがある、
という驚きの事実を明かしています。

いのちの誕生はまだまだ神秘のベールに包まれており、
科学ですべてが解明されているわけではありません。

だからこそ、人知を超えた奇跡が起こりうる世界でもあります。

あなたの願いが将来生まれてくる赤ちゃんに届いて、
希望する性の赤ちゃんが生まれてきてくれる可能性も十分に考えられます。

赤ちゃんとママが起こす奇跡の数々をあなたに知っていただき、
いつかわが子をとびきりの笑顔で腕に抱っこしていただけたら幸いです。
Amazonレビュー