スマホ白書2016 新たなプラットフォームの台頭でコンテンツ戦略が変わる! (NextPublishing)

編集 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)
価格: (税込)
インプレスR&D
ページ:353頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で128574位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)編集によるモバイルビジネス年鑑。スマホを起点としたビジネスの最前線を142点の統計資料と21人の専門家の寄稿により展望します。この1年、SNSのメッセージングやウェブ、定額制サービスが拡大し、コンテンツのプラットフォームは多様化。VRや人工知能(AI)、IoTへの流れも加速し、ビジネス環境は目まぐるしく変化しています。「スマホ白書」はスマホの普及状況やアプリの最新データはもちろんのこと、ビジネス、技術、法制度と多角的な観点から業界の変化を捉える唯一の年鑑です。次の成長へのヒントがこの一冊で見つかります。
【目次】
2016年スマホ×業界の動き
第1部 スマートフォン市場動向
 1-1 市場占有率
 1-2 メディアブランド
 1-3 デモグラフィック
 1-4 端末トレンド
 1-5 アプリ市場:ダウンロード数と売上
 1-6 アプリ市場:アプリ配信数とパブリッシャー数
 1-7 世界と日本のアプリ市場:アプリ寡占状況
 1-8 世界と日本のアプリ市場:収益タイプ
 1-9 世界と日本のアプリ市場:アプリランキング
 1-10 データ解説
第2部 ビジネス動向
 2-1 全体動向
 2-2 コンテンツとアプリケーション
 2-3 EC
 2-4 広告とマーケティング
第3部 技術とプラットフォーム動向
 3-1 開発環境
 3-2 新技術
第4部 通信事業者動向
 4-1 通信行政
 4-2 国内通信事業者
 4-3 海外通信事業者
第5部 社会動向
 5-1 法制度
 5-2 セキュリティ
付録
 6-1 世界のトップパブリッシャー2015年の月別ランキング
 6-2 アワードコンテスト紹介
Amazonレビュー
amazon検索