たった1つの図でわかる! 図解経済学入門

価格: (税込)
あさ出版
ページ:155頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で73187位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「えっ、本当にこれだけでいいの! ?」

たった1枚の図を読み解くだけで、世の中で起こっている経済のあれこれがわかる!!

たとえば……

・「モノの値段」はどう決まる?
・「値段が上がったね、嫌だね」だけで終わらせない

などの、身近なことから、

・「お金の政策」いったい、何をどうしているのか
・「マイナス金利」「TPP」「消費税増税」をどうとらえるか

などの、もっと広い範囲まで「たった1枚の図」を使って本書では読み解いていきます。

・経済の素人が経済をきちんと理解できること
・理解したうえで、マスコミや学者、政治家の言葉に惑わされず、
自分の頭で考えられるようになること

この2点が本書の目標です。
最初から内容を削ることを目的としていたわけではなく、
この2つの目的を満たすために、経済の入門書に本当に必要な知識は何かと考えた結果、
自然と行き着いたのが本書なのです。


■目次

●プロローグ 経済の9割は「たった一つの図」でわかる!

●1章 「モノの値段」はどう決まる?
――【ミクロ経済学】需要供給曲線を頭に叩き込め!

●2章 すぐわかる1 「お金の政策」の話
――【マクロ経済学】半径1メートルの視点を広げてみよう

●3章 本当はシンプル! 「日銀と経済」の話
――金融政策は「金利」と「お金の量」のシーソーだ

●4章 これだけで十分! 「政府と経済」の話
――財政政策は、政府がお金を「取る」「借りる」「分配する」

●エピローグ これで「自分の頭」で考えられる!

■著者 高橋洋一
Amazonレビュー
amazon検索