新源氏物語(中)(新潮文庫)

価格: (税込)
新潮社
ページ:326頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で111101位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
政敵の排斥にあい自ら謹慎の意を表し、須磨、明石で流浪の月日を過した源氏は、罪を許され都へ戻る。三年の不遇時代の体験は、源氏を放縦な遊蕩児から頼もしい国家の柱石に変貌させる。政治家として権力を拡大する一方で、源氏は愛することの重さ苦しさに耐え、人の世のはかなさに怯える。中巻には、「露しげき蓬生に変らじの心の巻」より「愛怨の髪まつわる真木柱の巻」までを収める。
Amazonレビュー
amazon検索