大河ドラマ 勝海舟 総集編 [DVD]

原著 子母沢寛 , 脚本 倉本聰 , 脚本 中沢昭二 , その他 冨田勲
定価:¥ 8,424
マーケットプレイス価格:¥ 7,458 (税込)

販売元:NHKエンタープライズ
カテゴリ:DVD
JAN:4988066218514
Amazon.co.jp 売上ランキング:DVDで47420位

[ Amazonの詳細ページへ ]
この商品は購入可能です
Amazon.co.jpのカートに入れる
発送可能時期:通常6~10営業日以内に発送
エディターレビュー
※人気商品につき、お届けまでにお時間頂く場合がございます。

[前編]
天保10年(1839)“蛮社の獄”で、幕府の政治に批判的な蘭学者たちが弾圧されていた。
折しも、日本各地の沿岸にアメリカ、オランダ、イギリスの諸国が通商を求めて出没。
一部若者たちの間に、蘭学を通して西洋への関心が、急速に広がった時期であった。
勝麟太郎(渡 哲也)は、浅草新堀の島田虎之助(垂水悟郎)道場で剣術修行に打ち込む青年。
40俵小普請のご家人、父・勝 小吉(尾上松緑)と母・お信(久我美子)妹・お順(大谷直子)の家族4人で暮らしている。
麟太郎は剣道だけではなく、西洋の学問がこれからの日本の進路を決める、と堅く信じていた。
夜は蘭学者・永井青崖(西本裕行)に蘭学を学び、また蘭書の翻訳を手がける都甲市郎左衛門(中村伸郎)宅にも勉強に通った。
麟太郎の蘭学修業は“禁足処分”とされたが、意に介さず続行。ある雨の夜、麟太郎は待ち伏せの侍たちに斬りつけられる。
[後編]
文久2年(1862)8月、麟太郎(松方弘樹)の、咸臨丸アメリカ渡航から3年。
京都は“天誅”の嵐が吹き荒れていた。開国派に対する、攘夷過激派の情け容赦ない殺人である。
江戸の勝邸にも、不穏な訪問者が姿を見せるようになった。
この日も、攘夷論者の千葉十太郎(原田大二郎)と土佐藩脱藩の浪人・坂本竜馬(藤岡 弘、)が押しかけていた。
「外国に負けない日本を作るためには、貿易で金を儲け、海軍を作る。
日本国の海軍を、挙国一致で作りだすことこそ先決」と説く麟太郎。竜馬の目が輝いた。
竜馬は別の日、同じ土佐藩出身の岡田以蔵(萩原健一)を連れて来た。
以蔵は“人斬り以蔵”の名で知られた男だが、麟太郎に心酔する。文久2年8月、
勝 麟太郎は軍艦奉行並に昇進した。翌3年5月10日、長州藩は下関でアメリカ商船を砲撃。
6月、アメリカ軍艦が下関を攻撃し、長州藩と戦闘状態に入った。日本国海軍の創設が急がれた。
麟太郎は、14代将軍・家茂を説き、神戸に海軍操練所を設立する。

【出演】
松方弘樹、渡 哲也、尾上松緑(二代目)、久我美子、丘みつ子、大谷直子、垂水悟郎、中村伸郎、
江守 徹、戸浦六宏、米倉斉加年、石橋蓮司、藤岡 弘、、萩原健一、藤 竜也、伊藤孝雄、高津住男、
井上孝雄、加東大介、大原麗子、中村富十郎(五代目)、津川雅彦、小林桂樹 ほか

原作:子母沢 寛
脚本:倉本 聰、中沢昭二
音楽:冨田 勲
語り:石野 倬アナウンサー

○前編:1974年12月30日 後編:1974年12月31日 NHK総合テレビで放送

この作品は現在ではふさわしくない表現がありますが、オリジナルを尊重し、放送のままを収録しております。
また、一部古い映像素材に起因する映像のキズ、色合いの不良、音声ノイズ等があります。あらかじめご了承ください。

※DVD2枚組/収録時間:約187分/4:3/モノラル/片面一層/カラー/1974年/日本

@2016 NHK
Amazonレビュー
amazon検索