人はなぜ、宗教にハマるのか?

価格: (税込)
フォレスト出版
ページ:160頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で40070位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
■日本人だけが知らない「宗教」の本質

かつて「魔女狩り」があり、「十字軍」がありました。
神の名のもとに殺人や殺戮、戦争が行われました。

もちろんこれは過去形ではないのは言うまでもありません。
現在でも神の名のもとにテロがあり、
さまざまな戦争が同時進行しています。

「本来、人を救うための宗教が、人殺しを正当化するのはなぜか?」

多くの人がこうした疑問を持ちます。
答えは簡単です。

「宗教」においては、本来、
自分の宗教の信者以外は「人」ではないからです。

これが原理主義者の論理です。
この論理は大変乱暴に聞こえます。

ただ、これが少なくとも仏教以外の宗教では、
本来の論理であることを理解しておかないと、
国際社会で起きている出来事の因果を見誤るリスクがあります。




■原理主義者、テロリストはなぜ大量殺人を厭わないのか?

21世紀はテロの時代といわれます。
その背景には宗教的な対立、狂信的な宗教原理が存在します。

ところで――

「あなたは神様を信じていますか?」

有史以来、この世には常に宗教(信仰)が存在していました。
仏教、キリスト教、イスラム教の世界三大宗教と呼ばれるものから、
ユダヤ教、ヒンドゥー教、ありとあらゆる新興宗教まで
挙げればきりがないほどの宗教があります。

近年流行っているスピリチュアルブームや占いブームも
何かを信じる、信仰するという意味では
宗教と変わりありません

「なぜ、人は宗教(信仰)を求めてしまうのか?」
「なぜ、幸せを求める信仰心が人殺しにつながるのか?」

本書では、これらのことを、
脳科学、認知科学、分析哲学の視点から解明します。




■宗教をあらぬ目的に利用するヤツらは誰か?

信仰心それ自体は、悪いものではありません。
ところが、不幸なことに、人間本来のそうした心のメカニズムは
世界を裏で操る極悪人たちの手によって
政治やビジネスのある目的に沿って利用されています。

「宗教」と「神」と「ビジネス」のカラクリを知らない人は
気が付いたときにはすでに騙されていたり、
間違った方向に流されかねないのです。

一方で、物理学や数学をはじめとする科学の発展は、
ゲーデルによる不完全性定理を一例にして
明確に「神」の不存在を証明してしまいました。

これからの時代、私たちがより自立的に生きるためには、
神、宗教、信仰心というものについて
きちんと理解しておく必要があります。

もっとも、本書は神や宗教のことを
歴史的に順序立てて書きあらわしたものではありません。
しかし、通読していただければ、
キリスト以来2000年、釈迦以来2500年にわたる、
人間が歩んできたある種の「宗教的な退化のプロセス」が
おぼろげならも実感していただけるでしょう。

宗教を信じている人も、そうでない人も
「宗教とは何か?」を理解するために
ぜひご一読をオススメします。

※本作品は2010年6月に刊行された
『なぜ、脳は神を創ったのか?』(弊社刊)を一部修正・加筆したものです。
Amazonレビュー
amazon検索