死体は笑みを招く 刑事オリヴァー&ピア・シリーズ (創元推理文庫)

翻訳 酒寄 進一
価格: (税込)
東京創元社
ページ:402頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で144676位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
なぜ被害者の左腕と左足は切断されていたのか?
刑事オリヴァー&ピア史上最悪の事件!


ドイツ、2006年6月。オペル動物園で左腕と左足が切断された死体が発見される。首席警部オリヴァーと相棒のピア、そして捜査課のメンバーたちが乗り出し、死んでいたのは高校教師で環境保護活動家のパウリーだと判明する。彼はたくさんの生徒たちから慕われていたが、同時に動物園付近の道路建設による環境破壊や動物園の動物虐待を批判し、さまざまな人間に憎まれていた。捜査が進めば進むほど、パウリーを殺す動機を持つ者が浮上する。さらにピアに危険が迫り……。謎また謎の展開と緻密極まる見事な伏線。リーダビリティに溢れた傑作警察小説!
Amazonレビュー
amazon検索