ヤマケイハンディ図鑑6 増補改訂 日本のスミレ 山溪ハンディ図鑑

エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、自書の参照、引用などの機能が使用できません。



※この電子書籍は、山と溪谷社が2012年4月に発行した『ヤマケイハンディ図鑑6 増補改訂 日本のスミレ』第2版第4刷⑥を底本とし、スキャンして電子化したものです。

ミヤマスミレ、オオバキスミレ、タチツボスミレ、ウスバスミレ、アオイスミレ、イブキスミレなど。
遠く万葉の時代からスミレは日本人に親しまれてきました。山溪ハンディ図鑑『増補改訂 日本のスミレ』では日本に自生するスミレを網羅しています。

群落や生態、識別のための花や葉、雌しべや托葉の超アップなど、1100枚もの写真を駆使して、野生のスミレ150種類を徹底収録。
「黄色のスミレ基本3種の見分け方」「タチツボスミレ基本6種の見分け方」「ウスバスミレの仲間の見分け方」などの見分け方コラムや、読み物コラムも充実しています。

<目次・内容>
この本の使い方

スミレの各部の名称

地上茎のあるスミレ
 キスミレ類
 キバナノコマノツメ類
 シレトコスミレ類
 ツクシスミレ類
 ニョイスミレ類
 オオバタチツボスミレ類
 ウラジロスミレ類
 タチツボスミレ類
 イブキスミレ類
 ニオイスミレ類

地上茎のないスミレ
 スミレサイシン類
 ウスバスミレ類
 ミヤマスミレ類

交雑種

コラム
 スミレの名前
 日本のスミレの代表は?
 スミレの花期
 スミレの閉鎖花と実
 スミレの香り
 スミレの色
 スミレの咲いている場所
 スミレの分布型など
Amazonレビュー
amazon検索