完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫)

価格: (税込)
文藝春秋
ページ:314頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で61402位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
1970年を境に勢いを失った世界のプロレス。なぜ日本のプロレスだけが、その力を維持し続けたのか。その謎を解くべく、アメリカ、韓国、オランダ、パキスタンを現地取材。1976年の猪木という壮大なファンタジーの核心を抉る迫真のドキュメンタリー。※電子版には文庫版に収録されているアントニオ猪木インタビューは収録されておりません。
Amazonレビュー
amazon検索