明智小五郎事件簿7 「吸血鬼」 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:262頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で227506位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
塩原温泉で未亡人の倭文子を巡り、三谷という美青年と中年紳士・岡田の間で決闘が行われた。負けた岡田が去った後、二人の前を左手右足が義手義足、鼻が欠け、唇のない男がうろつき始める。東京に戻ると息子の茂が誘拐され、彼女も行方不明に。さらに疑わしい人物の自宅から、死体三体が埋められた裸女群の彫刻像が――。次々と襲い掛かる奇怪で残忍な事件に明智小五郎の名推理が冴えわたる!(解説 麻耶雄嵩)
Amazonレビュー
amazon検索