40代から食べるなら、どっち!?

価格: (税込)
サンクチュアリ出版
ページ:284頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で72458位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

累計27万部突破の大人気シリーズ最新刊!

ヨーグルト、冷凍食品、コンビニ惣菜、チョコレート、発泡酒…など、
スーパーやコンビニで人気の高い250以上の商品について、
「がん」「心臓病」「脳卒中」のリスクが低い食べ物はどれなのか、
科学ジャーナリストの冷静な視点から徹底調査しました。

日本人の死因の一番は「がん」、ついで「心臓病」「脳卒中」です。
これら三大疾病は40代からいかに防ぐかが、健康に長生きするためのポイント。
そしてこの三大疾病の原因のほとんどは、ふだんなにげなく食べている加工食品になります。
加工肉や冷凍食品、乳製品、調理パン、スナック菓子、お惣菜、お酒などを一切口にしないようにすれば安全かもしれません。でも「現実的じゃない」と考える人は多いでしょう。
そこで、人気の高い食品・飲み物についてそれぞれ「食べるならこっち」「こっちは、ダメ」「ギリギリOK」「食べない方が安心」というように、より安全な食品・飲み物はどっちなのか、商品に含まれる成分を分析し、客観的に判定しました。
快適なミドルライフ、健やかな老後を送るために。ぜひご家庭に一冊置いておきたい本です。
Amazonレビュー
amazon検索