スピノザの世界 (講談社現代新書)

価格: (税込)
講談社
ページ:172頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で50021位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
スピノザの思想史的評価については多くのことが言われてきた。デカルト主義との関係、ユダヤ的伝統との関係。国家論におけるホッブズとの関係。初期啓蒙主義におけるスピノザの位置。ドイツ観念論とスピノザ。現代では、アルチュセール、ドゥルーズ、ネグリ、レヴィナスといった名前がスピノザの名とともに語られる。スピノザはいたるところにいる。が、すべては微妙だ。――<本書より>
Amazonレビュー
amazon検索