あんこのことがすべてわかる本:つくる、食べる、もてなす

監修 芝崎 本実
価格: (税込)
誠文堂新光社
ページ:163頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で129305位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。文字列のハイライトや検索、辞書の参照などの機能は使用できません。


やみつきになるあんこの作り方、文化人おすすめの名店、47都道府県の銘菓、お菓子の祭りなどを網羅。

おはぎ、お団子、大福、鯛焼き、最中などなど。
インタネットやソーシャルメディアでは、「並んでも買いたい」あんこ菓子のクチコミ情報が飛び交っています。
通販でお取り寄せしやすくなった昨今ですが、「現地まで行かないと味わえない」「賞味期限が当日」のようなレア感のあるお菓子も話題になっています。

そこで、あんこの歴史、あんこ菓子の種類(中国・韓国のあんこ菓子を含む)や作り方、名店などを網羅し、奥深いあんこの世界を大公開します。

■目次
一年中食べたい!「あんこの歳時記」(巻頭グラビア) 
1月:紅白まんじゅう
2月:いちご大福
3月:黄身しぐれ
4月:桜餅
5月:柏餅
6月:あんみつ
7月:水まんじゅう
8月:葛流し
9月:おはぎ
10月:ぜんざい
11月:栗しぐれ
12月:カナッペ
文化人インタビュー「大好きなあんこ菓子」:
とらやの「最中」、風土菓 桃林堂のお菓子、鳴門堂の「お祇園さん」、辻悦子のお菓子教室の「竹炭ロール」、三松堂の「笑小巻」ほか。
名店取材:空也、塩瀬総本家ほか。
あんこの知識:あんこの歴史年表、あんこと慣わし、あんこの材料・栄養・産地・生産量など、あんこ菓子の種類、風呂敷の包み方、贈答のマナー、製餡会社訪問、粒あん・こしあんの工程。
全国銘菓(日本中のあんこを使ったお菓子紹介)
お菓子の神社とお菓子の祭り(イベント)
ほか
Amazonレビュー
amazon検索