すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

価格: (税込)
光文社
ページ:175頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で6253位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!
Amazonレビュー
amazon検索