アルキビアデス クレイトポン (講談社学術文庫)

翻訳 三嶋輝夫
価格: (税込)
講談社
ページ:196頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で200383位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
ソクラテス哲学の根本を伝える重要な対話篇、初の文庫版で新訳が登場! 『アルキビアデス大』または『第一アルキビアデス』と称されてきた『アルキビアデス』は、一個人としての「この私」と捉えられる「自己」を認識すること、さらには「人間一般」を認識することを目指し、魂と徳の探究に乗り出す。短篇『クレイトポン』では、その魂と徳の探究への疑問が提示され、ソクラテス哲学の極限に向かって対話が進行していく。
Amazonレビュー
amazon検索