油堀の女~剣客船頭(十六)~ (光文社文庫)

価格: (税込)
光文社
ページ:241頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で58460位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
南町奉行所の定町廻り同心を辞め、いまは船頭として生計を立てる沢村伝次郎が、同心時代に小者として使っていた音松が殺しの疑いで捕えられた。冤罪を訴える音松の疑いを晴らすべく、疫病神と言われていた浪人の殺しを調べ始めたが、真の下手人を追い詰めたとき、伝次郎の身にも危機が迫る。シリーズ史上屈指の剣戟と人情話が詰まった待望のシリーズ第十六弾。
Amazonレビュー
amazon検索