岳飛伝 六 転遠の章 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:341頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で64401位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
金軍・兀朮と呼吸を合わせたかのように戦を停止し、本拠に戻った岳飛。一方、呉用は宣凱に「岳飛を救え」と言い遺していた。梁山泊が救出に動き始める。ようやく臨安府に赴いた岳飛は、帝に拝謁後監禁されてしまう。独立軍閥を貫く姿勢が、宰相・秦桧の国造りにおける理念と衝突する。ついに、岳飛に死罪の処断が――。シリーズ前半、最大のクライマックスを迎える緊迫の第六巻。
Amazonレビュー
amazon検索