岳飛伝 五 紅星の章 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:267頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で48608位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
南宋の宰相・秦桧は闇の中で戦いが終わってからのことを考えていた。そんな中、梁山泊の宣凱が岳飛を訪ね対話をする。岳飛は答えた。「中華を中華の民の国にしたい」と。一方、梁山泊の南の開墾地は本格的に始動。戦場では南宋軍の岳飛と金国総帥・兀朮が互いを求め、渾身の力を込めた激闘を繰り返していた。突然、秦桧から南宋軍に帰還命令が届く――。岳飛の決断とは。思惑が交錯する第五巻。
Amazonレビュー
amazon検索