教養としてのゲーテ入門―「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで―(新潮選書)

価格: (税込)
新潮社
ページ:232頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で171889位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
『ウェルテル』は単なる〈妄想青年〉に過ぎないのか。『親和力』はなぜ〈私の一番の本〉と評されているのか。『ヴィルヘルム・マイスター』は何の〈修業〉をしているのか。『ファウスト』に出てくる〈ワルプルギスの夜〉は何を意味しているのか。「教養の代名詞」とされてきたゲーテ作品の〈ツボ〉がはっきり分かる完全ガイド。
Amazonレビュー
amazon検索