終末への秒読み ―人類に残された希望と将来―

翻訳 斎藤 英昭
新品の在庫はありません。
ユーズド:¥ 2,707より »
出版:伝道文書販売センター
カテゴリ:単行本(ソフトカバー)
ページ:116頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:本で2580389位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

終末への秒読み
―人類に残された希望と将来―

バシレア・シュリンク (著)
斎藤英昭 (訳)

判型:17.8cm x 12.3cm
ページ数:117
昭和50年 (1975年) 2月1日初版
伝道文書販売センター
刊行時定価(税別)450円

───────────────────────────────────────────

著者 M・バシレア・シュリンク より

 1904年に生れる。ドイツのダルムシュタットにあるマリヤ福音修道女会の創設者であり、
指導者でもある。ハンブルグ大学で哲学と心理学の博士号をとる。

 自身の体験から語るその話しぶりには神の権威からくる毅然たるものがある。彼女の働
きは全世界の教会の指導者たちに大きく評価されている。

 彼女は現代人に対して語るべき重大なメッセージを持っている神の器である。

 不安な暗雲が世界中の国々の上にたちこめ、激しい嵐の到来の予報がすでに出されている。
人々は生きる意味を問い始めている。人の世の生が実りのない、無意味なものと思えるか
らである。

 本書はこのような現代の混沌たる時代にあって、不安にうち勝ち、最も充実した生のあ
ることを、またその道を教えている。我々の視点を永遠の希望へと向けることによってで
ある。


目次

一 黒い雲
二 地球の明日
三 人類への警告
四 中絶――大量殺人
五 性の解放――性的倒錯
六 悪魔の福音
七 宗教的寛容――悪魔礼拝
八 神の沈黙
九 人類は生きのびられるか
十 ロトの妻
十一 避け所
十二 世界のゲツセマネ
十三 生きる目的
十四 希望
十五 祈り

十の祈り言葉
参考文献

(詳細は商品画像参照)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Amazonレビュー
カテゴリ
amazon検索