吉本隆明 「言語にとって美とはなにか」の読み方

価格: (税込)
アルファベータブックス
ページ:388頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で199826位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
刊行以来50 年間、詳細な解説書がなかった難解の書『言語にとって美とはなにか』をまるごと読みとくはじめての手引書。

「心的現象論の読み方」「共同幻想論の読み方」に続く吉本思想「読み方」シリーズ第三弾は、吉本隆明の代表作のひとつ『言語にとって美とはなにか』。ソシュール言語学から日本の短歌、詩、小説、演劇まで…あまりに深く、幅の広い思想の道案内書として、吉本隆明独特がゆえに難解となっている要点をおさえ「吉本隆明が何をいいたかったのか」に迫る!
Amazonレビュー
amazon検索