穢れた風 刑事オリヴァー&ピア・シリーズ (創元推理文庫)

翻訳 酒寄 進一
エディターレビュー
刑事オリヴァー&ピア最大の事件
世界20か国で700万部突破、欧州席捲の大ベストセラー警察小説!


風力発電施設建設会社のビルの中で、夜警の死体が発見された。一見、階段を踏み外したための事故死に思われたが、監視カメラに侵入者が写っていたことで、にわかに殺人の様相を呈する。奇妙なことに、社長室のデスクの上になぜかハムスターの死骸が残されていた。これは一体何を意味しているのか? 風力発電の利権をめぐって次々に容疑者が浮かびあがり、さらに第二の殺人が。再生可能エネルギーにかかわる国家的犯罪なのか? 人々の欲望と、巨大な陰謀に呑み込まれる刑事オリヴァーとピア。〈ドイツミステリの女王〉による新たな傑作が誕生!/解説=大矢博子
Amazonレビュー
amazon検索