岳飛伝 十一 烽燧の章 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:346頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で38164位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
七星鞭が吼え、胡土児が宙天に翻る。梁山泊軍と金軍は今、最終決戦の時を迎えようとしていた。米の不審な流れを追っていた南宋が陣家村を殱滅させた。致死軍に救出された蕭けん材は、小梁山から金国にいたる広大な大地に、国の垣根を超えた物流網を整備していく。一方、北に蒙古という強敵の姿も見え始めていた。岳飛は南宋に残った臣下達との邂逅を果たす。新たな時代の胎動を予感させる第十一巻。
Amazonレビュー
amazon検索