これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)

価格: (税込)
筑摩書房
ページ:204頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で120760位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
一人ひとりの生きる力をサポートするのが教育の使命。その思いのもと、どんな人でも、いつでもどこでも学べるよう改革を進めてきた二人の文部官僚。復古的なナショナリズムと、弱肉強食を放置する市場主義が勢いを増すなかで、加計学園の問題は起きた。この問題を再検証し、生涯学習やゆとり教育、高校無償化、夜間中学など一連の改革をめぐって、とことん語り合う。これからの日本、これからの教育を展望する希望の書である。
Amazonレビュー
amazon検索