一橋ビジネスレビュー 2017年WIN.65巻3号―コーポレートガバナンス――「形式」から「実質」へ変われるか

編集 一橋大学イノベーション研究センター
価格: (税込)
東洋経済新報社
ページ:234頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で230546位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

伊藤レポート、スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードを契機に、日本企業のコーポレートガバナンス改革が進められている。とはいえ、ややもすると形式的な対応にとどまり、資本生産性を実質的に上げ、企業価値創造を持続的に高める取り組みに結びついていないケースも散見される。本特集では、コーポレートガバナンス改革で何が変わり、何が課題として残っているのかをさまざまな観点から検証し、今後の日本企業のグローバル競争力の向上に結びつけるためのカギを探る。ビジネス・ケースは、流山市役所の改革と、味の素の新規事業について。経営者インタビューは、花王の澤田道隆社長。

【主な内容】
[特集]コーポレートガバナンス――「形式」から「実質」へ変われるか
コーポレートガバナンス改革のPDCA(伊藤邦雄)
ガバナンスの実質化をめぐる諸論点(武井一浩)
日本のコーポレートガバナンス改革の進捗と今後の課題(スコット・キャロン/吉田憲一郎)
M&A戦略における規律(朱 殷卿)
日本におけるガバナンス改革の「実質的」影響をめぐる実証分析(伊藤邦雄/加賀谷哲之/鈴木智大/河内山拓磨)
日本型コーポレートガバナンス構造の再検討(花崎正晴)

[特別寄稿]
インダストリー4.0の崩壊とその先にあるもの(光山博敏/中沢孝夫)

[技術経営のリーダーたち]
對馬哲平(ソニー株式会社 新規事業創出部 wena事業室統括課長)

[連載]
日本発の国際標準化 戦いの現場から(江藤 学/鷲田祐一)
フィンテック革命とイノベーション(野間幹晴/藤田 勉)
ビジネスモデルを創造する発想法(井上達彦)
クリエイティビティの経営学(稲水伸行)

[ビジネス・ケース]
味の素――コーポレート・アントレプレナーシップの実現
流山市――人が出て行く街から入ってきて住み続ける街へ

[マネジメント・フォーラム]
澤田道隆(花王株式会社 代表取締役 社長執行役員)
Amazonレビュー
amazon検索