Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書

価格: (税込)
翔泳社
ページ:527頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で100586位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー

【本書の概要】
人工知能開発の分野では、機械学習(教師あり学習)を利用した開発が非常に多くなってきています。
本書は、機械学習の基礎から、Pythonのフレームワーク(scikit-learn:サイキットワーン)や
NUmPyといったライブラリを利用した開発方法について、初学者でも理解しやすいようにイラストを交えて、
丁寧に解説した書籍です。
本書では教師あり学習だけにとどまらず、c℃教師なし学習についても触れています。

【本書の特徴と構成】
機械学習について基礎からきちんと学習できよう、構成を工夫しています。

第1章では開発環境の準備について解説しています。
第2章では機械学習に必要なPythonの基礎知識について丁寧に解説しています。
第3章では機械学習でよく利用するグラフの描画について主だった方法を中心に解説しています。
第4章では機械学習に必要な数学の知識について必要最低限の解説をしています。

第5章では教師あり学習(回帰)についてサンプルを元に丁寧に解説しています。
第6章では教師あり学習(分類)についてサンプルを元に丁寧に解説しています。
第7章ではニューラルネット・ディープラーニングの基本について解説しています。
第8章ではニューラルネット・ディープラーニングの応用解説しています。
第9章では教師なし学習について、ポイントを押さえて解説しています。

特に第5章から第9章では、機械学習を学ぶ過程でつまづきやすいポイントについて
著者がピックアップし、丁寧に解説しています。

【対象読者】
機械学習について学びたい初学者


※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

Amazonレビュー
amazon検索