そしてミランダを殺す (創元推理文庫)

翻訳 務台 夏子
価格: (税込)
東京創元社
ページ:397頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で45874位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
この展開、予想できるはずがない!
英国推理作家協会賞最終候補作


ある日、ヒースロー空港のバーで、離陸までの時間をつぶしていたテッドは、見知らぬ美女リリーに声をかけられる。彼は酔った勢いで、1週間前に妻のミランダの浮気を知ったことを話し、冗談半分で「妻を殺したい」と漏らす。話を聞いたリリーは、ミランダは殺されて当然と断じ、殺人を正当化する独自の理論を展開してテッドの妻殺害への協力を申し出る。だがふたりの殺人計画が具体化され、決行の日が近づいたとき、予想外の事件が起こり……。男女4人のモノローグで、殺す者と殺される者、追う者と追われる者の攻防が語られる鮮烈な傑作犯罪小説。
解説=三橋曉
Amazonレビュー
amazon検索