爺子(おやこ)河岸~剣客船頭(十八)~ (光文社文庫)

価格: (税込)
光文社
ページ:220頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で154596位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
元南町奉行所の定町廻り同心で、いまは船頭となった沢村伝次郎。同心時代の髪結いが骸となって見つかった。その下手人探しを始めるが、一方、千草が懇意にしていた子供、半助が消息を絶った。孫を心配する祖父の八百蔵に代わり半助探しにも奔走する伝次郎。そして、二つの事件が繋がった時、真相が明らかになる。江戸情緒と人情を深く描いた傑作シリーズ第十八弾。
Amazonレビュー
amazon検索