仏教語源散策 (角川ソフィア文庫)

価格: (税込)
KADOKAWA
ページ:261頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で140416位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
上品・下品、卍字、供養、卒都婆、舎利、荼毘などの仏教語から、
我慢、人間、馬鹿、利益、出世など、仏の教えと縁をもつ意外な日常語まで――。
語源という視点からわたしたちの生活や思考、感情の深層に分け入るとき、
日本文化を裏打ちする仏教的世界観が浮かび上がる。
名著『佛教語大辞典』を編纂した第一線の仏教学者らが集い、
インド・中国・日本の多様な仏典を参照しつつも「肩のこらぬよう」執筆された仏教への道案内。
Amazonレビュー
amazon検索