高慢と偏見 (中公文庫)

翻訳 大島一彦
価格: (税込)
中央公論新社
ページ:602頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で45165位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
経済的理由で好きでもない人と結婚していいものだろうか。いつの時代も幸福な結婚を考える女性の悩みは変わらない。エリザベスとダーシーの誤解からはじまるラブロマンスは、いつ読んでもみずみずしく、オースティンの細やかな心理描写は、ときおり毒もはらむがユーモラスで、読後は幸せな気持ちにさせてくれる。愛らしい十九世紀の挿絵五十余点収載。
Amazonレビュー
amazon検索