大前研一 デジタル・ディスラプション時代の生き残り方

価格: (税込)
プレジデント社
ページ:250頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で133146位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
【内容紹介】

これまでの産業はアナログ技術を前提に成り立っていたが、産業のデジタル化が進むにつれ、あらゆる業界に変革が求められる時代になった。

特に、AGFA(アップル、グーグル、フェイスブック、アマゾン)などに代表されるデジタルテクノロジー企業の進展で、産業の仕組み、儲け方がこれまでと大きく変わってきている。

デジタル・ディスラプション(デジタルにおける産業の破壊的変革)時代に私たちはどうビジネスの仕組みを考え、生きていけばいいのか。

本書には、その答えが書かれている。



【著者紹介】

大前研一(おおまえ・けんいち)

株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長

ビジネス・ブレークスルー大学学長

早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。

日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。

著書に、『「0から1」の発想術』『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』(共に小学館)、『日本の論点』シリーズ(小社刊)など多数ある。

「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。

マッキンゼー時代にはウォール・ストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。

この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、95年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。

英国エコノミスト誌は、現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッカー(故人)やトム・ピータースが、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。

同誌の93年グールー特集では世界のグールー17人の一人に、また94年の特集では5人の中の一人として選ばれている。

2005年の「Thinkers50」でも、アジア人として唯一、トップに名を連ねている。



【目次より】

◆第一章 デジタル・ディスラプション時代の生き残り方――大前研一

◆第二章 Fintechビジネス最前線――北澤直

◆第三章 リクルートの「Airレジ」――大宮英紀

◆第四章 「第四次産業革命」の変化をチャンスに変える経営――菅谷俊二
Amazonレビュー
amazon検索