岳飛伝 十四 撃撞の章 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:351頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で43942位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
岳飛と秦容は、本格的な北進を前に戦略を練り、激しい調練を繰り返していた。中華統一の野望を抱く金の海陵王は、臨安府を狙い進軍するが、南宋軍の程雲に敗れる。十三湊で王清と再会した李俊はついに絶息する。岳飛は投降してきた辛晃の首を刎ね、秦容と南宋に侵攻を開始する。そんな中、史進から“吹毛剣”を届けられた胡土児は、兀朮より北辺に赴くことを命じられた。初志貫徹に挑む第十四巻。
Amazonレビュー
amazon検索