Pen (ペン) 「特集:【完全保存版】 ライカで撮る理由。」〈2019年3/1号〉 [雑誌]

編集 Pen編集部
エディターレビュー
※この商品は固定レイアウトで作成されて
 おり、タブレットなど大きいディスプレ
 イを備えた端末で読むことに適していま
 す。また、文字列のハイライトや検索、
 辞書の参照、引用などの機能が使用でき
 ません。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異
 なり、掲載されないあるいは掲載期限の
 ある広告、写真、記事、ページがある場
 合がございます。
 また、掲載されているプレゼント企画は
 デジタル版ではご応募できません。
 予めご了承ください。


「特集:【完全保存版】 ライカで撮る理由。」

ライカは本当に不思議なカメラだ。1954年の「ライカM3」の登場以来、
M型ライカはピント合わせがオートフォーカスではなく、ほとんどのレンズは
撮影距離が最短70㎝までしか寄れない。特別にスペックが高いわけでもない。
しかしいつの時代も、本物を知る者は必ずライカを選ぶ。それはなぜなのか?
本特集では、その象徴であるレンジファインダーのM型に特に焦点を当て、
写真家やクリエイターなど愛用者の語りを中心に、不朽の魅力について考えた。
秘密を解き明かすカギとなるのが、誕生の地ウェッツラーにおける本社工場取材、
そして今日の地位を築いたアンドレアス・カウフマン社主へのインタビューだ。
すべての証言を通して、「メイド・イン・ジャーマニー」の雄の神髄に迫る。


ライカで撮る理由。
仕事道具として、なぜM型ライカを選ぶのか。
ブルース・ギルデン|瀧本幹也|石井靖久|横田 徹|佐藤健寿

人気フォトグラファーが語る、愛機との逸エピソード話。
操上和美|藤代冥砂|高木康行|藤田一浩|三部正博
桑島智輝|長山一樹|安珠|柏田テツヲ


いま明かす、僕らがこのカメラに恋した理わけ由。
竹中直人 俳優|村上 淳 俳優
マーカス・ウェインライト 「 ラグ&ボーン」 創設者
キキ モデル|石川 涼「 せーの」代表取締役
梶原由景 クリエイティブ・ディレクター
琉花 モデル、フォトグラファー|菅野敬一「 エアロコンセプト」職人
松島 紳「 カンタータ」デザイナー

あの写真集の傑作で、ライカが心に刻まれた。
若木信吾 写真家|小山薫堂 放送作家、脚本家
谷尻 誠 建築家|田島貴男 ミュージシャン

創業の地に完成した、「ライツパーク」を歩く。
ライカカメラ社主 アンドレアス・カウフマン インタビュー
本当に必要なことを見極める、それが大事だ。

写真文化を育てた、小型速写カメラの進化史。
「M」を手にする前におさえたい、基礎知識6つ。
一切の無駄を削ぎ落とした、最新「M10-D」を貫く美学。
知れば知るほど虜になる、Mレンズのつかさどる魔力。
憧れのカメラは、アクセサリーにもこだわりを。
興味をもったら、頼れるスタッフのいる店へ。

上質の創造、連綿と続く洋食の流儀。
南九州の自然と料理を味わい、3月の桜を待つ。

村上 龍の私とボルボ

Pumping Iron グッチが教えてくれる、個性という正義。
reality bites 自由を求める、プラダのヤングエレガンス
シーズンを越えて躍動する、機能を極めた美しさ。

■ EDITOR’S VIEW|CATCH the TREND|WORLD UPDATE
■ 両天秤の腕時計 〈Vol.09〉 ── 並木浩一
  CHAUMET ショーメ
  黒のシックさと白の華やぎを競う、由緒正しき双子モデル

■ 「黒モノ」家電コンシェルジュ ── 麻倉怜士
■ WHO’S WHO 超・仕事人
■ 小山薫堂の湯道百選 〈第八回〉
■ ART|BOOK|CINEMA|MUSIC
■ 創造の挑戦者たち。 〈05〉
  歌に三分の一の人生を込め、さらなる衝動を待つ。
  小袋成彬 NARIAKI OBUKURO アーティスト

■ 木村宗慎 利休によろしく 〈第62回〉
■ 東京車日記 〈vol.08〉 ── 青木雄介
■ PEN’S IMPRESSION
■ Brand New Board
Amazonレビュー
amazon検索