Pen (ペン) 「特集:やっぱり、アメトラでいこう。」〈2018年10/15号〉 [雑誌]

編集 Pen編集部
エディターレビュー
※この商品は固定レイアウトで作成されて
 おり、タブレットなど大きいディスプレ
 イを備えた端末で読むことに適していま
 す。また、文字列のハイライトや検索、
 辞書の参照、引用などの機能が使用でき
 ません。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異
 なり、掲載されないあるいは掲載期限の
 ある広告、写真、記事、ページがある場
 合がございます。
 また、掲載されているプレゼント企画は
 デジタル版ではご応募できません。
 予めご了承ください。


「特集: やっぱり、アメトラでいこう。」
ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

今年はブルックス ブラザーズの誕生から200年。「アメトラ」として愛される定番スタイル、
その生みの親といってもいい同ブランドの歴史や製造の現場、その神髄を、Penが徹底取材。
ほか、名人の着こなしや最新のアイテム紹介まで、この一冊でアメトラのすべてがわかります。


│やっぱり、アメトラでいこう。
│名門を復活させたCEOが語る、“伝トラッド30 統”の意義。
│ブルックス ブラザーズの200年をたどる。
│マディソンの旗艦店は、トラッドを知る学び舎だ。
│職人の誇りが輝く、3つのファクトリーへ潜入!
│世紀を超えて愛される、紳士のための名品。
│名画を彩る、ブルックス ブラザーズのスタイル
│BROOKS BROTHERS TRIVIA
│ 200年の歴史が培った、ちょっと面白いトリビア集。
│記念すべき年に華を添える、ホットなニュース
│往時を知る達人が解説する、アメトラ変遷史。
│アメトラ愛好家に学ぶ、着こなしの作法。
│小村寿太郎が仕立てた、100年前のコート

村上春樹
 ブルックス ブラザーズ200周年特別エッセイ
 ヘリンボーンのスーツ

│アメトラ復活の立役者、トム・ブラウンの革新性。
│New Trad Style in New York
│NYのローカルが通う、“トラッド”な新旧の名店。
│こちら、2018アメトラ&アイビー情報局。
│目利きの審美眼が光る、行くべきショップ9選。

■ EDITOR’S VIEW
  デビアレ「 ファントム」
  気鋭フレンチテック企業が放つ、驚異のコンパクトスピーカー
■ WORLD UPDATE
■ CATCH TREND
  新たに生まれ変わった、イタリアンクラシコの名品。

■ pen-online
■ 両天秤の腕時計 Vol.01 ── 並木浩一
  BREITLING ブライトリング
  老舗のクロノは、「最旬モデル」か「伝統の無骨さ」か?
■ 「黒モノ」家電コンシェルジュ ── 麻倉怜士

保津峡の絶景を楽しみ、初秋の味覚を満喫する。
エレガントな時計を纏い、颯爽と街へ。
村上 龍の私とボルボ
スウィングする、トッズの秋モード
宝飾の魅力を伝える、レコールが上陸する。
アメトラの流儀に適う、男の道具。
クールに駆ける、都会派のトローリー
舞人が見出した、瀟しょうしゃ洒なクルマの機能美。
写真家が語る、モーターライフの流儀。
ポンドステーキの本格的な焼き方。

■ WHO’S WHO 超・仕事人
■ Creator’s file アイデアの扉 最終回 tofubeats 音楽プロデューサー/ DJ
■ 人間国宝の肖像│最終回 多 忠純 雅楽(団体)×小山薫堂
■ ART│BOOK│CINEMA│MUSIC
■ 木村宗慎 利休によろしく 54
■ Brand New Board
■ そして怪物たちは旅立った。─ 95 ── 島地勝彦
Amazonレビュー
amazon検索