ギブソン ES-335プレイヤーズ・ブック セミアコ大集結! ギター・マガジン

編集 ギター・マガジン書籍編集部
価格: (税込)
リットーミュージック
ページ:146頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で10896位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー

335、345、355、330、トリニ・ロペス、etc.
初心者からベテランまでギター・ファンの熱い支持を集め続ける
最強のオールマイティ・セミアコ、335ファミリーに迫る!

ブルース、ロック、ジャズなどのジャンルを問わず幅広い層から人気を集めているギブソンのES-335を中心にしたスペシャル・ムック。345、355、330といった335ファミリーをビンテージ・モデルから現行シリーズまで徹底研究、プロ愛用の1本、サウンド作りのポイント、独特のセミアコ・メインテナンス術など、多角的に紹介していく335本の決定版です。エリック・クラプトン、キース・リチャーズなどが愛用したギターたち、斉藤和義、古市コータロー(ザ・コレクターズ)、生形真一(Nothing's Carved In Stone)、清水依与吏(back number)などの愛蔵セミアコも大フィーチャー。小倉博和によるサウンド作りのポイント、プロが教えるセミアコ・メインテナンス術など、335ファンは必携の内容になっています。

【本の内容】
●ビンテージ・ギャラリー
1958年のファースト・イヤー・モデルから、人気の年代、トリニ・ロペスなど、各モデルの特徴的仕様を詳細写真で紹介。

●伝説の335に迫る
エリック・クラプトン
キース・リチャーズ
ラリー・カールトン
B.B.キング
などのプロの愛用セミアコを検証

●335プレイヤーズのインタビュー
古市コータロー(The Collectors)
斉藤和義
生形真一(Nothing's Carved In Stone)
清水依与吏(back number)

●トップ・ギタリスト小倉博和のセミアコ音作り指南
335、345、355によるサウンド作りの秘訣

●プロが教えるメインテナンス術
独特のテクニックが必要となるピックアップやポット交換の技をギブソンジャパンのプロダクト・テクニシャンが伝授

●335の仕様変遷、構造について
など

*この電子書籍は固定レイアウト方式で作成されています。文字の拡大・縮小や、検索、ハイライトなどの機能は利用できません。

Amazonレビュー
amazon検索