夢をかなえる「打ち出の小槌」

価格: (税込)
青志社
ページ:169頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で17724位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
「心の打ち出の小槌」を持てば、あなたの人生は一変する!!

今なおブレずに進化し続ける堀江貴文の原点的哲学を記した、不動の自己啓発ビジネス書!!



第1章 夢をかなえる「打ち出の小槌」とは?

・信じた者は救われる

・目に見える価値を追うな 他

第2章 ゼロになることを怖がらず、挑戦しよう

・失敗しても忘れる鈍感力

・やりたいことをやる 他

第3章 夢を邪魔する常識の殻を破れ

・他人と同じことをやっていても意味がない

・親の言うことは聞くな 他

第4章 適度な借金でさらなるショートカットを

・お金がないなら時間と体力を生かせ

・情報を得るとは、未来を知ること 他



読んでいただければわかると思うが、内容は正直言って、社会常識からかけ離れたものだ。

けれど私としては、現代を生きる、とくに若者にとってのベストな生き方を指南したつもりである。

しかし世の中には「羊飼い」と「羊」の両タイプがいるから、「羊」に何を言っても無駄だよと忠告してくれる人たちがいる。

たしかにそうかもしれない。

この本は「羊」タイプの人にとってみれば、おせっかいというか、はた迷惑な本なのかもしれない。

でも、私は、「羊飼い」タイプでありながら、無理やり「羊」としての生き方を強要されているような、

少数派かもしれないが、そういう若者たちにこの本を贈りたいのである。

(「おわりに」より)



『夢をかなえる「打ち出の小槌」』を書いてから、数年が経過した。

その間にある程度は分かっていたこととはいえ、辛い受刑生活を経験した。

しかし、そんな辛い経験を経ても私の根本的な部分の考え方は変わらない。

むしろ、グローバル化の大激動の時代に本書で書いた、心の中にある「打ち出の小槌」というコンセプトは

輝きを増しているのではないかと考えている。

(「あとがきのあとがき」より)
Amazonレビュー
amazon検索