岳飛伝 十六 戎旌の章 (集英社文庫)

価格: (税込)
集英社
ページ:351頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で34148位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
中華全土が戦場と化していた。沙門島沖では狄成と項充が、攻めてきた敵の海鰍船に忍び込み、船もろとも消失させた。一方、海陵王は刺客を使い胡土児の暗殺を企てていた。羅辰は、南宋水軍が南の甘蔗園を狙っていることを察知し、象山の造船所に火を放つ。梁山泊軍は、姑息な手を使う海陵王に激怒し奇襲をかけた。岳飛と秦容は、中原で死闘を繰り返している。一つの中華を目指す忠肝義胆の第十六巻。
Amazonレビュー
amazon検索