悪意の心理学 悪口、嘘、ヘイト・スピーチ (中公新書)

価格: (税込)
中央公論新社
ページ:307頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で80143位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
嘘、皮肉、罵倒、偏見……。面と向かっての会話であれ、ネットでのやりとりであれ、言葉によるコミュニケーションはしばしば暴走し、相手に対して「悪意」の牙を剥く。これらはいじめや差別、クレーマーやセクハラ、政治家の問題発言を生む。一方で、意図していないのに加害者になってしまうこともある。悪意はなぜ生まれ、どう表現されるのか。どうすれば、悪意に立ち向かえるのか。社会心理学・言語心理学の観点から考察。
Amazonレビュー
amazon検索