偏差値好きな教育“後進国”ニッポン (ポプラ新書)

価格: (税込)
ポプラ社
ページ:130頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で233340位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
つめこみ、ゆとり、相次ぐ改革 次世代の教育は何を目指すべきか? 決められた教科書のないフィンランド、学校外の大人が「いじめ問題」にかかわるフランス。 日本は世界を手本に、自分の頭で考え、行動できる、いわゆるアクティブ・ラーニングを掲げているが、あまり進んでいないのが実態だと言える。 時代の変化に応じて求められる教育の姿を世界の現場から探り、次世代の教育のありようを考える。
Amazonレビュー
amazon検索