合本 ケッヘル (文春e-Books)

エディターレビュー
モーツァルトの無数の旋律が狂気の愛と死を招きよせる。
中山可穂渾身の長編『ケッヘル』が合本に。

その音楽は神のものか、悪魔のものか——。カレーの海辺でひとりの熱狂的なモーツァルティアンと出会った伽椰は、情事の果ての長い逃亡生活に終止符を打ち、日本へと舞い戻った。そこで待っていたのは、ケッヘル番号を会員番号とする会員制旅行代理店の奇妙なツアーであり、依頼人の失踪に始まる恐るべき復讐劇の幕開きだった。

※この電子書籍は、『ケッヘル』(文春文庫)上・下巻を一冊にまとめた合本です。
Amazonレビュー
amazon検索