P+D BOOKS アマノン国往還記

価格: (税込)
小学館
ページ:493頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で220089位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
女性が支配する「アマノン国」の性と革命。

一神教のモノカミ教団が支配する世界から、幻の国アマノンに布教のため派遣された宣教師団。

バリアの突破に成功した唯一の宣教師Pを待っていた「アマノン国」は、一切の思想や観念を受け容れず、実益のみが意味をもつ実質主義の国だった。

男は排除され、生殖は人工受精によって計画的に行われるアマノン国に「男」と「女」を復活させるべく、Pは「オッス革命」に乗り出す。

究極の「性」と「宗教」と「革命」のSF大冒険大作で第15回泉鏡花賞受賞作。
Amazonレビュー
amazon検索