興亡の世界史 人類文明の黎明と暮れ方 (講談社学術文庫)

価格: (税込)
講談社
ページ:447頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で69004位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
ヒトの誕生から古代地中海世界まで、長大な文明史の「見取り図」を示す。最初の都市文明・シュメール、従来の文明観に変更を迫る「古代アンデス文明」、著者自身が近年手掛けたローマ帝国の新たな遺跡など、文明・文化の「多様性」に着目。いくつもの危機を乗り越え、環境に適応し、地球上のあらゆる陸地に拡散して文明を築いた人類の未来は。廃墟と化した遺跡には、私たちの現在を知り、これからを考えるヒントが隠されている。
Amazonレビュー
amazon検索