公務員の「課長」の教科書

エディターレビュー
◆チームのチカラで成果を上げる、マネジメントの作法!

 「職員をまとめて仕事の成果を上げるコツはありますか?」
 「職場や事業を改革・改善していく上で留意すべきことは?」
 「市長、議会、住民対応を上手くこなすにはどうしたらよいですか?」
 自治体では、係長経験を十分積む時間がないまま、課長に昇任する人が多くなっています。
 そのため、課長の仕事について悩みを持つ方は少なくありません。
 そこで本書は、プレイヤーを卒業し、マネジャーとして自らの判断をもとに、職員を動かして成果を上げるために必要なノウハウを伝えます。
 課長になったばかりの人も、すでに課長として仕事の悩みを抱える方も、必ず役立つエッセンスを凝縮。
 マネジメントから部下指導、会議、議会対応、話し方、会議、議会対応、調整まで、わかりやすく解説します。

◆議会答弁、組織内外での調整にも役立つ!

 係長と課長の違い、そして民間企業の課長とも異なるのが、議会答弁。
 本書では、自治体の課長に欠かせない、議会答弁や各種会議での進行、内外での調整・交渉のスキルをまとめました。

◆管理職をめざす人、昇任試験受験者にもおすすめ!

 すでに課長の方はもちろん、昇任試験での面接対策にも役立ちます。
 管理職昇任をめざす方も、また部長として課長を指導する方も、ぜひお手にとってみてください。
Amazonレビュー
amazon検索