理想のヒモ生活 4 (ヒーロー文庫)

イラスト 文倉 十
価格: (税込)
主婦の友社
ページ:261頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で53565位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
大人気シリーズ第4弾。フランチェスコ王子の来訪から続々とトラブルが巻き起こり、ついにカルロス王子を病魔が襲う……!

シャロワ・ジルベール双王国より、ついにフランチェスコ王子とボナ王女が来訪する。
朗らかに笑いながら、トラブルを連発するフランチェスコ王子と、その王子に変わって頭を下げて回る、生真面目で気弱なボナ王女。
軽率な言動を連発するフランチェスコ王子に、善治郎は振り回されがち。
そんな日々を過ごしている善治郎に、ある日、衝撃的な報告が入る。
愛息、カルロス=善吉王子が発病。
病気の程度は九割方助かるといったもの。しかし、「九割は助かる」という高い生存率が逆にネックとなり、貴重な魔道具『治癒の秘石』の使用は認められない。
そこに、フランチェスコ王子が「自分が持っている『治癒の秘石』をカルロス王子に使っても良い」と提案してくる。
病床のカルロスの前にやってきたフランチェスコ王子は、『治癒の秘石』ではなく、自らの魔力で『治癒魔法』を使ってみせる。
そこでフランチェスコ王子の「血筋」が明らかになる-----。

渡辺 恒彦(わたなべ つねひこ): 北の大地で生まれ、育ち、暮らす。小説投稿サイト「小説家になろう」で発表した「理想のヒモ生活」が、永きにわたって総合ランキング1位に輝く。
Amazonレビュー
amazon検索