どうなる?沖縄県知事選2018

価格: (税込)
ページ:93頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で236752位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
翁長さんが亡くなり、「日本列島再改造(付録付き)」「新潟県知事選挙 県民が話していたこと」が再度、売れだしたが、1冊にまとめて売れないかと要望が寄せられました。今回、交渉して許可がでたので、名護市長選挙と新潟県知事選挙を併せた状態で出します。表紙にも記載していますが、「日本列島再改造(付録付き)」「新潟県知事選挙 県民が話していたこと」を購入された方は重複しますのでご注意ください。

名護市長選挙について書くかを悩んだが、名護市長選挙、石垣市長選挙で、自民候補に敗れた。名護市長選挙からは、あまり時間がなかったが直ぐに使える事はあった。でも、それをやった形跡すらなかったと調査チームからの報告書を読み、このままでは名護市議会選挙、沖縄県知事選挙でも勝てないと感じました。筆者は世界中にある米軍基地に反対という立場である。これを踏まえると稲嶺さん支持となるのだが、色々と動く前の準備をしている中で稲嶺さんの問題点、稲嶺支持者の問題点が想像を超えていた。革新派に頑張ってもらいたい願いを込めて残したいと思います。この項は、会員制雑誌の4月号に載せた一部です。

新潟県知事選挙の結果がでました。花角氏が当選しました。投票率が前回よりも上昇すれば、池田氏が有利と言われた選挙ですが、結果は逆でした。それはなぜか?無党派層の約40%が花角氏に投票したことが大きな要因だと筆者も思いますが、その人たちがなぜ花角氏に投票したのでしょうか?これを筆者の新潟県下にある子会社や協力会社に勤める無党派層の方々が、今回の新潟県知事選で何を感じ、何を話していたのか?これが答えではないが、次の選挙に活かす為に書きます。
Amazonレビュー
amazon検索