科学捜査ケースファイル: 難事件はいかにして解決されたか

翻訳 久保美代子
価格: (税込)
化学同人
ページ:435頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で136024位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
今野敏氏推薦!
日進月歩の科学捜査も万能ではない。
目からウロコ、の連続。この本はネタの宝庫だ。

科学捜査というのはそれ自体が心の踊る仕事であり、それを職にしている人々は、
率直に言って、とびきり素晴らしい人たちなのだ。(本文より)

200年におよぶ歴史をもつ科学捜査。
犯罪解決に役立てられ、ドラマや小説の題材としてたびたび取り上げられ、
ある意味では私たちにもなじみ深いものでもある。
しかし、DNA鑑定、指紋、毒物学、プロファイリングなどについて、どんなことを知っているだろうか。
英国のベストセラー作家、ヴァル・マクダーミドは、科学捜査の現場を歩き、
第一線で活躍するエキスパートへのインタビューをとおして、
性犯罪、放火、強盗、暴行などの事件解決に科学捜査がどのように役立てられているかを、
その発展の歴史とともに浮き彫りにする。
犯行現場から法廷へと続く、科学捜査をめぐる旅。
【2016年アンソニー賞 批評/ノンフィクション賞 受賞】

【目次】
第1章 犯行現場
第2章 火災現場の捜査
第3章 昆虫学
第4章 病理学
第5章 毒物学
第6章 指紋
第7章 飛沫血痕とDNA
第8章 人類学
第9章 復顔
第10章 デジタル・フォレンジック
第11章 法心理学
第12章 法廷
終章
Amazonレビュー
amazon検索