子どもがすくすく育つ幼稚園・保育園

価格: (税込)
内外出版社
ページ:190頁
Amazon.co.jp 売上ランキング:で135193位

[ Amazonの詳細ページへ ]
エディターレビュー
現在、乳幼児を預ける施設には、公立・私立の幼稚園や認可保育所だけでなく、認定こども園や小規模保育施設などさまざまな種類があり、また幼稚園でも預かり保育を行っているところも増えていて、選択肢が広がっています。しかし、施設の種類による違いや制度はわかりにくく、保護者はどこにするか迷いがちです。そして中には施設の形態にかかわらず、教育面や安全面、環境面に問題があるところも……。

そこで、全国の施設を実際に視察し、よりよい保育について学んできたジャーナリスト・猪熊弘子さん、弁護士・寺町東子さんが執筆したのが本書。早期教育から自然保育まで多種多様になっている教育面のこと、重大事故を防ぐにはどうしたらいいかという安全面のこと、
社会問題化している保育士不足や規制緩和などを含む環境面のこと、さらに園との付き合い方のことまで幅広く、子どもたちがすくすく育っていくために、本当に大切なことを伝えます。

****玉川大学教授・大豆生田啓友先生、推薦!****
「あなたは、乳幼児期に本当に大切な保育を知っていますか?
この1冊に保育の重要なメッセージが込められています」
Amazonレビュー
amazon検索